読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とりあえず、陸マイラー

ポイントサイト 株主優待 なんでもします

ふるさと納税

ふるさと納税

ふるさと納税 

ふるさと納税を始めて3年目。

気軽に手軽にできるものなので、まだ始めておられない方や、興味のある方はお付き合いください。

  

   ふるさと納税とは、自治体への寄付のことです。

「ふるさと」と書かれていますが、自分のふるさとに限られているわけではありません。色々な自治体に寄付をすることができます。

ふるさと納税を行うと、住民税の控除や寄付金額の約半分程度(自治体による)のお礼や特典をもらうことができます。

このお礼が、たくさんの人の心に響くのではないでしょうか。

具体的にどんなものかというと

 

 f:id:pointonly51:20161023215426j:image

 f:id:pointonly51:20161023220429j:plain

 f:id:pointonly51:20161023220628j:plain

 

       

       

お肉や果物、とても美味しそうですね。

食べもの以外にも様々なものがあります。わかりやすいのがその土地の名産品。

最近は、体験ものなどもでてきています。

 

簡単にまとめてみます。

ふるさと納税のまとめ

・自治体への寄付

 ・生まれ故郷のふるさとでなくても良い。

目的

 ・自治体の税収のアップ

 

寄付のメリット

 ・寄付の半額程度のお礼がもらえる。

 ・自分で、税の使い方を指定(寄付の目的を選ぶことが)できる。

   例 子育て支援、教育関係、福祉など

 ・寄付の分だけ住民税が控除される。(先に寄付を行っているから)

 

確定申告について

(確定申告をする必要のない給与所得者等であること )  

 ・5か所までなら、ワンストップ特例※により確定申告は不要。

 ・5か所以上等なら、確定申告が必要。

 ※ワンストップ特例の適用には、別途、各自治体に申請が必要です。

寄付の限度額

 ・年収や扶養家族によって異なる。 

備考

 ・2000円を超える寄付額が翌年度の住民税から控除されます。

   ・ふるさと納税について、少しでも興味を持っていただければ幸いです。

 ハピタスにもふるさと納税専門サイトが載っています。

 また、有名なサイトとして、ふるさとチョイスを調べてみてくださいね。

   ・ワンストップ特例は、来年の1月が期限です。

   ・クレジットカード決済ができるものもあります。

 ・限度額については、専門サイトのシミレーションを参考にしてください。

 

手順

 ・限度額を調べる。

  ・ハピタス → 楽天   → ふるさと納税  → 選ぶ

  ・ハピタス → さとふる → 選ぶ

 ふるさとチョイスが有名です。が、ハピタスには案件が載っていません。

そのため、楽天とさとふるをチョイスしてみました。ポイントが2重取りできるのでオススメです。

 

 

 

 ランキングにご協力お願いいたします。

 

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ    

 

合わせて読んでくださいね。